[95点]Let’s note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデルの各性能を評価してみた

5.0
パナソニック
Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデルの評価レビュー
この記事は約12分で読めます。

今回のレビューターゲットはこれ。

Let’s note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル

下記目次の観点でレビューを整理したので買い物をする際の参考にどうぞ

総合評価 95点

総合評価は95 点。Amazon風に5段階評価すると 5.0 となります。

人によって画面サイズを重視する人や、携帯性を重視する人がいますので、この総合評価95点だけで判断せず、利用シーンに合わせて最適なものを選びましょう。

Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデルの 画面サイズ 画質 CPU性能 容量 メモリ 携帯性 重さ 厚み チャート

各評価観点別の点数です。

評価項目 点数
1. 画面サイズ 17
2. 画質 100
3. CPU 100
4. 容量 18
5. ストレージ速度 60
6. メモリ 100
7. 電池持ち 76
8. 携帯性 71
9. 重さ 81
10. 厚み 72
総合評価 95

メリット・デメリット

点数だけでは分からないと思いますので、かんたんにメリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • 持ち運びがしやすい
  • 高負荷処理でもサクサク動くCPU性能
  • 書類や多少の画像であれば、ストレージ容量は問題ない
  • 高負荷な処理でもメモリが不足することはない
  • バッテリー持ちがよく、外出も問題ない
  • 小さめのカバンでも問題なく使用できるサイズ
  • 腕時計と同じくらい薄く。カバンの中で邪魔にならない
  • 片手で楽々持てる重さ。持ち運びするには苦にならない重さ

デメリット

  • 画面サイズが小さく作業しにくい
  • CPU性能が高いため電池持ちが悪い可能性あり。充電器につなげて利用する。
  • 動画をたくさん保存をする場合はストレージ容量が少ない
  • メモリが多くなる分、価格が高い

使い方によってはデメリットにならない人もいますので、自分の利用方法をよくイメージして選んでみてください。

同じ総合評価のノートパソコンレビュー

[95点]Zenbook 13 OLED UX325EA UX325EA-KG614WSの各性能を評価してみた
[95点]Zenbook 13 OLED UX325EA UX325EA-KG613WSの各性能を評価してみた
[92点]Vivobook Pro 16X OLED N7600PC N7600PC-L2025Wの各性能を評価してみた

もっと見る

機能一覧

この機種の機能一覧です。

気になるポイントはチェックをしておいてください。

商品名 Let’s note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル
価格 348,700 ※古い場合や未記載の場合あり
メーカー パナソニック
発売日 2021年11月5日
大きさ 273mm x 209.2 mm x 18.7mm
重さ 0.969kg
画面サイズ 12 インチ(2880 x 1920)
画素密度 288ppi
グレア加工 ノングレア(非光沢)
タッチパネル
CPU 第11世代 インテル Core i7 1185G7(Tiger Lake)
メモリ LPDDR4X 32GB
容量 SSD:256GB
電池持ち JEITA Ver2.0:10.5時間時間
OS Windows 11 Pro 64bit
インターフェース HDMIx1/VGAx1/USB3.1 Gen1(USB3.0)x3/USB3.1 Gen2 Type-C、Thunderbolt4兼用x1/SDスロット
2in1 コンバーチブル
ジェットブラック/シルバーダイヤモンド/
その他 Webカメラ/Bluetooth5.1/日本語キーボード

項目別評価

画面サイズ 17点

画面サイズ

画面サイズ評価 ポイント
17 ノートパソコンとしては最適の画面サイズ

「Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル」の画面サイズは、横幅273mm、縦幅209.2 mm です。

画面は、スマートフォンより大きく、標準的なノートPCより小さいサイズです。タブレットをイメージするとよいでしょう。携行性を重視し、且つスマートフォンでは物足りないユーザーにとって最適な画面サイズです。同時に複数作業を行う際、例えば頻繁にウィンドウを並べて作業するユーザーにおいては、これより大きいサイズを推奨します。外出先でのメールチェックや、Office資料作成には充分なサイズです。動画編集をはじめクリエイティブな作業には、これより大きいサイズを推奨します。週末のカフェで見かけるこのサイズの利用者は、メール返信や何等かの執筆活動を行っているパターンが多いでしょう。簡単な資料作成や執筆がメインのユーザー向きと言えます。

あまりノートパソコンを持ち歩かない人で、作業を並行するために画面を分割する人は、もう少し画面サイズが大きいものを選んだ方が良いでしょう。資料作成のように文字を打ったり作業をするにはもう少し大きいサイズの方がいいかもしれません。

評価一覧に戻る

画質 100点

画質

画質評価 ひとことポイント
100 かなり綺麗な文字や動画を楽しめる画質

「Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル」のディスプレイ解像度は2880 x 1920で、ディスプレイ画素数は288ppiです。

ディスプレイの表面は、光の映り込みがなく目が疲れないノングレア処理がされています

タッチパネルが採用されているため、操作がしやすいといえます

文字から動画まで、あらゆるものを高画質で楽しめます。小さな文字でも画質の粗さを感じることはないでしょう。長文作成においても目の疲れを感じにくく、動画やゲームを高画質で楽しみたいユーザーも満足できるでしょう。画質へのこだわりが強くない場合は、ひと通りの作業を快適に行うことができます。画質にこだわりの強いユーザーは、細かい部分でやや粗さを感じる可能性があります。その場合は、これより上の画質を推奨します。ほとんどのユーザーは気にならないでしょう。

評価一覧に戻る

CPU 100点

CPU

CPU評価 ひとことポイント
100 重い処理を複数同時に動かしても問題ない

「Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル」は第11世代 インテル Core i7 1185G7(Tiger Lake)を採用しており、その性能は3GHz x 4コアとなります。CPUスコアは10934です。

デスクトップPCを含めても最高クラスであり、作業用としては通常使用のPCとしても充分な性能でしょう。容量の大きな動画・画像データや高画質のゲームもストレスフリーで楽しむことができるでしょう。簡単なソフトを使用した作業は全く問題ありません。画像や動画編集をする上でも、処理待ちによるストレスを感じることなく作業できます。一方、高度な処理を行う分、消費電力が大きくなります。常に携帯し長時間使用可能なノートPCを求めるユーザーには向いていません。

評価一覧に戻る

保存容量 18点

保存容量評価

容量評価 ひとことポイント
18 音楽のデータや画像・映像などを保存することがない人向き
搭載ディスク一覧(単位:GB)
Optane 超高速
M.2 超高速
SSD 高速256
SSHD
UFS
eMMC
HDD(7200rpm) 低速
HDD(5400rpm) 低速
合計   256

「Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル」はSSD:256GBを採用しており、その保存容量は合計256GBとなります。起動速度に関係する速度スコアは6.0です。※速度スコアは独自算出

256GBという容量は、ストレージ容量としては小さい部類になります。

ストレージ容量は小さい部類に入ります。データ容量が大きいゲームや長時間の動画、高画質の画像データを保存すると、容量が足りなくなる場合があるでしょう。しかし、資料作成などであれば、ストレスフリーで行えます。音楽や画像・動画を保存することがないユーザー向きです。大量の音楽などを保存したいユーザーは、これより大きいサイズの検討を推奨します。ライトユーザーには問題ないサイズと言えるでしょう。

評価一覧に戻る

メモリ 100点

メモリ評価

メモリ評価 ひとことポイント
100 重いゲーム、シミュレータ、プロ向け動画編集ソフトのような処理の重たいソフトも軽々使える

「Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル」はLPDDR4Xを採用しており、そのメモリ容量は32GBとなります。

最新のOSや動画編集ソフトなどの重いソフトもスムーズに使えるでしょう。4K動画の編集も問題なく作業可能です。処理落ち・処理待ちに遭遇せず、複数の並行作業を行いたいユーザー向きです。デスクトップPCに劣らない性能であるため、メインPCとしての使用も可能です。最新のゲームや高画質な動画もストレスフリーで楽しめるでしょう。メインと同等の性能を求める場合や、仕事からプライベートまでノートPC1台で完結したいユーザーに最適です。

評価一覧に戻る

電池持ち 76点

電池もち評価

電池評価 ひとことポイント
76 外出先での利用が多い人向け

「Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル」のバッテリー・電池は13.7時間ほど持つようです。

動画観賞、簡単な資料作においては、バッテリーの心配は必要ありません。半日程度の使用が可能なため外出先で使用することが多いユーザー向きです。打ち合わせなどの用途であれば、充電の心配は全く必要ないと言えるでしょう。ゲームや動画編集など、高負荷な作業を長時間充電せずに行う場合は、これより上のバッテリーを搭載したPCを推奨します。ほとんどのユーザーはバッテリーの心配なく作業可能でしょう。

評価一覧に戻る

携帯性 71点

携帯性

携帯性評価 ひとことポイント
71 小さめの鞄でも問題なく使用できるサイズ

「Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル」の大きさは、横幅273mm、縦幅209.2 mm です。

持ち運びしやすい小さめのサイズです。小さめのカバンでも問題なく使用できるでしょう。自宅やオフィス内で、場所を変えて作業する際も気軽に持ち運びできます。小さめのカバンでは、出し入れがスムーズにできない可能性があります。リュックであれば、スムーズな出し入れができるでしょう。カバンの中に入れたままでも荷物がかさばる原因にならず、本体の大きさが気になることは、ほとんどないでしょう。

評価一覧に戻る

軽さ 81点

軽さ評価

軽さ評価 ひとことポイント
81 片手で楽々持てる重さ

「Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル」の重さは 0.969kg です。

500mlのペットボトル1本強の重さです。男女ともに片手でラクに持つことが可能です。手に持って移動することや、他の荷物を抱えた移動でも、重さを感じることは少なく気軽に持ち運びできると言えます。持ち運びでの使用を想定している、手荷物が多く重いPCだと持ち運びできないユーザー向きです。

評価一覧に戻る

厚み 72点

厚み評価

厚み評価 ひとことポイント
72 ケース付きスマホと同じくらいの厚さ

「Let's note QV1 プレミアムエディション 2021年11月発表モデル」の厚みは 18.7mm です。

スマホケースと同等の薄さで、容易に持ち歩くことが可能です。付属品を含めてもスペースは最小限で済みます。カバンの中の荷物が多い場合でも簡単に収納できます。カバンに入れて持ち運びできるPCを求めるユーザーに最適です。普段使用しているカバンが小さい場合やPC以外の荷物が多いユーザー向きです。自宅やオフィス内では、容易に持ち運びできるでしょう。

評価一覧に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました