[19点]ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージの各性能を評価してみた

1.0
Lenovo
ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージの評価レビュー
この記事は約13分で読めます。

今回のレビューターゲットはこれ。

ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージ

下記目次の観点でレビューを整理したので買い物をする際の参考にどうぞ

こちらの記事も注目

総合評価 19点

総合評価は19 点。Amazon風に5段階評価すると 1.0 となります。

人によって画面サイズを重視する人や、携帯性を重視する人がいますので、この総合評価19点だけで判断せず、利用シーンに合わせて最適なものを選びましょう。

ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージの 画面サイズ 画質 CPU性能 容量 メモリ 携帯性 重さ 厚み チャート

各評価観点別の点数です。

評価項目点数
1. 画面サイズ61
2. 画質27
3. CPU23
4. 容量36
5. ストレージ速度26
6. メモリ25
7. 電池持ち63
8. 携帯性
9. 重さ
10. 厚み
総合評価19
こちらの記事も注目

メリット・デメリット

点数だけでは分からないと思いますので、かんたんにメリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • 画面が大きく作業がしやすい
  • CPU性能は低いが通常利用で問題なく使える。また価格が安い。
  • 書類や多少の画像であれば、ストレージ容量は問題ない
  • メモリが少ない分コストが安め

デメリット

  • CPU性能が足りず高負荷の処理ができない可能性がある
  • 動画をたくさん保存をする場合はストレージ容量が少ない
  • メモリ不足になる可能性が高い

使い方によってはデメリットにならない人もいますので、自分の利用方法をよくイメージして選んでみてください。

同じ総合評価のノートパソコンレビュー

[61点]IdeaPad Flex 550i Chromebook 82B80018JPの各性能を評価してみた
[12点]LapBook Airの各性能を評価してみた
[21点]ProBook 430 G3/CT Notebook PC ハイパフォーマンス・キャンペーン3の各性能を評価してみた

もっと見る

機能一覧

この機種の機能一覧です。

気になるポイントはチェックをしておいてください。

商品名ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージ
価格 ※古い場合や未記載の場合あり
メーカーLenovo
発売日2016年11月30日
大きさmm x mm x mm
重さkg
画面サイズ15.6インチ(1366 x 768)
画素密度100ppi
グレア加工
タッチパネル
CPU第6世代 インテル Core i3 6006U(Skylake)
メモリDDR4 PC4-19200 4GB
容量HDD:500GB
電池持ちJEITA Ver2.0:11.3時間時間
OSWindows 10 Home 64bit
インターフェースHDMI端子/VGA端子/USB3.0/SDカードスロット
2in1
ブラック
その他Webカメラ/Bluetooth/テンキー
こちらの記事も注目

項目別評価

画面サイズ 61点

現在、レビュー執筆中です

評価一覧に戻る

画質 27点

画質

画質評価ひとことポイント
27画質は粗いと思ったほうがよい

「ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージ」のディスプレイ解像度は1366 x 768で、ディスプレイ画素数は100ppiです。

資料確認やネットサーフィンでの利用を想定した画質です。写真や動画を頻繁に見る場合は、これより画質の高いものを推奨します。映画鑑賞やゲームで高画質を求めるユーザーは物足りなさを覚えるでしょう。文字の閲覧には特に問題はないため、スケジュール・メール・資料確認などの用途であれば充分と言えるでしょう。

評価一覧に戻る

CPU 23点

CPU

CPU評価ひとことポイント
23省電力性能を重視している人向け

「ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージ」は第6世代 インテル Core i3 6006U(Skylake)を採用しており、その性能は2GHz x 2コアとなります。CPUスコアは2285です。

簡易な資料作成には問題ない性能でしょう。アプリやフォルダを同時に複数開くと動作が重くなります。並行作業や負荷のかかる作業を行うことがないユーザー向きです。ブラウザでの動画鑑賞にはやや重さを感じる場合があります。動画編集やオンラインゲームには性能不足のため、この場合はより上位のCPUを推奨します。

評価一覧に戻る

保存容量 36点

保存容量評価

容量評価ひとことポイント
36音楽のデータや画像・映像などを保存することがない人向き
搭載ディスク一覧(単位:GB)
Optane 超高速
M.2 超高速
SSD 高速
SSHD
UFS
eMMC
HDD(7200rpm) 低速500
HDD(5400rpm) 低速
合計  500

「ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージ」はHDD:500GBを採用しており、その保存容量は合計500GBとなります。起動速度に関係する速度スコアは2.6です。※速度スコアは独自算出

500GBという容量は、ストレージ容量としては小さい部類になります。

ストレージ容量は小さい部類に入ります。データ容量が大きいゲームや長時間の動画、高画質の画像データを保存すると、容量が足りなくなる場合があるでしょう。しかし、資料作成などであれば、ストレスフリーで行えます。音楽や画像・動画を保存することがないユーザー向きです。大量の音楽などを保存したいユーザーは、これより大きいサイズの検討を推奨します。ライトユーザーには問題ないサイズと言えるでしょう。

評価一覧に戻る

メモリ 25点

メモリ評価

メモリ評価ひとことポイント
25少し重い作業だとメモリ不足になる可能性あり

「ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージ」はDDR4 PC4-19200を採用しており、そのメモリ容量は4GBとなります。

軽いソフトであれば、ほとんど問題なく利用可能です。しかし、小さい負荷の作業においてもメモリ容量不足に陥る可能性があります。メモリを多く消費するサイトもあるため、ブラウザゲームなどによってはメモリ不足に陥ることもあるでしょう。最新のOSを利用する場合、メモリが一杯になるため、動作の早さを求めている場合や動画や複数の並行作業を行うユーザー向きとは言えません。PCを頻繁に使用せず簡易作業のみ行うユーザー向きです。

あまりPCを普段使用しない人や簡単な作業やネットサーフィンしかしない人向けです。

評価一覧に戻る

電池持ち 63点

電池もち評価

電池評価ひとことポイント
63外出先でも作業をしたいユーザー向け

「ThinkPad E570 20H5CTO1WW Core i3・4GBメモリー・500GB HDD搭載 エントリーパッケージ」のバッテリー・電池は11.3時間ほど持つようです。

資料やメール確認には、バッテリーの心配をすることなく作業可能です。動画観賞においても、長時間でなければ問題ないでしょう。外出先で、簡単な作業を行うライトユーザー向きです。駆動時間が長いわけではなく、大きな負荷のかかる作業を行うとバッテリーの減りが早くなるため、ACアダプタの持ち運びが必須となります。長時間充電できない環境で作業する場合や、高負荷の作業を行うユーザーは、これより少し長い駆動時間のPCを推奨します。

評価一覧に戻る

携帯性 評価中

現在、評価中です

評価一覧に戻る

軽さ 評価中

現在、評価中です

評価一覧に戻る

厚み 評価中

現在、評価中です

評価一覧に戻る

こちらの記事も注目

コメント

タイトルとURLをコピーしました