[56点]ThinkPad T450 20BVCTO1WW プレミアムパッケージの各性能を評価してみた

3.0
Lenovo
ThinkPad T450 20BVCTO1WW プレミアムパッケージの評価レビュー
この記事は約10分で読めます。

今回のレビューターゲットはこれ。

ThinkPad T450 20BVCTO1WW プレミアムパッケージ

下記目次の観点でレビューを整理したので買い物をする際の参考にどうぞ

こちらの記事も注目

総合評価 56点

総合評価は56 点。Amazon風に5段階評価すると 3.0 となります。

人によって画面サイズを重視する人や、携帯性を重視する人がいますので、この総合評価56点だけで判断せず、利用シーンに合わせて最適なものを選びましょう。

ThinkPad T450 20BVCTO1WW プレミアムパッケージの 画面サイズ 画質 CPU性能 容量 メモリ 携帯性 重さ 厚み チャート

各評価観点別の点数です。

評価項目点数
1. 画面サイズ41
2. 画質45
3. CPU
4. 容量#N/A
5. ストレージ速度
6. メモリ100
7. 電池持ち
8. 携帯性
9. 重さ
10. 厚み
総合評価56
こちらの記事も注目

メリット・デメリット

点数だけでは分からないと思いますので、かんたんにメリット・デメリットをまとめました。

メリット

  • 持ち運びもでき、作業しやすい
  • 高負荷な処理でもメモリが不足することはない

デメリット

  • メモリが多くなる分、価格が高い

使い方によってはデメリットにならない人もいますので、自分の利用方法をよくイメージして選んでみてください。

同じ総合評価のノートパソコンレビュー

[55点]STYLE-17FH045-C-UCSL-D Celeron 4205U/8GBメモリ/480GB SSD/17インチの各性能を評価してみた
[53点]STYLE-15FH043-C-UCES-D [Office Personal 2019 SET] Celeron N4100/4GBメモリ/240GB SSD/15インチの各性能を評価してみた
[53点]STYLE-15FH043-C-UCES-D Celeron N4100/4GBメモリ/240GB SSD/15インチの各性能を評価してみた

もっと見る

機能一覧

この機種の機能一覧です。

気になるポイントはチェックをしておいてください。

商品名ThinkPad T450 20BVCTO1WW プレミアムパッケージ
価格 ※古い場合や未記載の場合あり
メーカーLenovo
発売日2015年4月16日
大きさmm x mm x mm
重さkg
画面サイズ14インチ(1600 x 900)
画素密度131ppi
グレア加工
タッチパネル
CPU#NAME?
メモリDDR3L PC3-12800 16GB
容量SSD:512GB
電池持ち時間
OSWindows 8.1 64bit
インターフェースVGA端子/USB3.0
2in1
ブラック系
その他Webカメラ/Bluetooth
こちらの記事も注目

項目別評価

画面サイズ 41点

現在、レビュー執筆中です

評価一覧に戻る

画質 45点

画質

画質評価ひとことポイント
45記事を読んだり資料をざっと確認できればよい人向け

「ThinkPad T450 20BVCTO1WW プレミアムパッケージ」のディスプレイ解像度は1600 x 900で、ディスプレイ画素数は131ppiです。

遠くから見る分には問題ない画質です。

軽作業には問題ない画質です。タブレットと同様の使用方法なので、手元で画面を見ながら作業をする人はストレスを感じるでしょう。至近距離では、文字がぼやける場合があります。高画質の動画や写真を求めるユーザーには満足できない画質のため、主にニュース記事・資料確認に使用するユーザー向きです。

評価一覧に戻る

CPU 評価中

現在、評価中です

評価一覧に戻る

保存容量 #N/A点

搭載ディスク一覧(単位:GB)
Optane 超高速
M.2 超高速
SSD 高速
SSHD
UFS
eMMC
HDD(7200rpm) 低速
HDD(5400rpm) 低速1024
合計  1024

現在、評価中です

評価一覧に戻る

メモリ 100点

メモリ評価

メモリ評価ひとことポイント
100普通のゲームや動画観賞であればメモリ不足に陥ることはない

「ThinkPad T450 20BVCTO1WW プレミアムパッケージ」はDDR3L PC3-12800を採用しており、そのメモリ容量は16GBとなります。

ノートPCとしては非常に高い性能です。画像編集やゲームなど負荷の大きな作業をストレスフリーで行えます。動画観賞であれば、並行作業においても、メモリ不足に陥ることはないでしょう。動画編集もできますが、時折メモリ不足により動作が遅くなる可能性があります。4K動画の編集などの高負荷作業を行うユーザーは、これより上の容量のPCを推奨します。ほとんどのライトユーザーからミドルユーザーにとって、快適な作業が実現する性能です。

評価一覧に戻る

電池持ち 評価中

現在、評価中です

評価一覧に戻る

携帯性 評価中

現在、評価中です

評価一覧に戻る

軽さ 評価中

現在、評価中です

評価一覧に戻る

厚み 評価中

現在、評価中です

評価一覧に戻る

こちらの記事も注目

コメント

タイトルとURLをコピーしました